• 学ぶ
  • 生野
  • 観る
  • 遊ぶ

口銀谷銀山町ミュージアムセンター(旧浅田邸・旧吉川邸)

生野の要人の旧邸宅

銀山の町として栄えた生野の鉱山町を形成している歴史的な町並み景観が色濃く残ってい るこの地区を特徴づける景観形成の規範としてまちづくり工房井筒屋があり、宮町通りを挟ん で立地しているのが口銀谷銀山町ミュージアムセンター(旧浅田邸・旧吉川邸)です。

 

〈旧浅田邸〉 浅田貞次郎の3男養蔵邸。昭和7年に邸宅と洋館を建設。

浅田貞次郎(1871~1942) 銀山周り 11 町村の戸長に就任し、その後、兵庫県議会議員、衆議院議員などを務める。「産業の発展は利便に始まる」との交通観から、明治 28 年(1895 年) に姫路飾磨港から生野間の播但鉄道敷設を実現したほか、同年に生野銀行を設立し初代頭取 となった。

 

〈旧吉川邸〉 明治中期に、郷宿井筒屋6代当主・吉川増太郎の隠居部屋として建てられた。 袖壁、つし2階、箱階段などが特徴。

基本情報

住所
お問合わせ
料金
営業時間
休み

※本コメント機能は、Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

スポット周辺マップ

マップが表示されます

近隣のスポット