あさごもん

あさご市ポータルサイトあさぶら
ゲスト 様
岩津ねぎラー油
商品コード: 3122-07

岩津ねぎラー油

通常価格(税込): 540
販売価格(税込): 540
ポイント: 5 Pt
数量:
岩津ねぎとごま油の香りがうまい!
あつあつのごはんやラーメンにかけてお召し上がりください。又、炒飯などの炒め物、餃子、冷や奴などにも最適です。
賞味期限:製造日より1年

料理画像 ごはん

岩津ねぎとごま油の香りが美味しいです。
道の駅 但馬のまほろばの農産物直売所「産直の会」の岩津ねぎを使用しています。

料理画像 ラーメン

麺類に入れると美味しく食べれます。

料理画像 盛りつけ

ラー油とねぎの相性はバツグン!!
ご飯にかけて食べるだけでなく、
おにぎりの具にも、野菜炒めやチャーハンなどの味付けの調味料として使うのもオススメです!
ぴりっとした辛さと岩津ねぎの甘み、ごま油の香ばしいかおりはお酒のおつまみにもぴったりです!!
ご飯にかけて食べるときは、ご飯をたくさん炊いておいてくださいね。

料理画像 お豆腐

冷奴をより一層美味しく頂けます。

販売元 道の駅但馬のまほろば

朝来市の特産品である美味しい岩津ねぎを広めたいという思いから、道の駅「但馬まほろば」にて岩津ねぎを加工したお土産物を作り始めました。道の駅「但馬まほろば」がオープンして、平成30年で丸12年になりますが、今では、岩津ねぎを使ったオリジナル特産品は10品以上になり、農家の方たちにも喜んでいただいています。例えば、人気商品には岩津ねぎドレッシング(和風、洋風)、岩津ねぎラーメン、岩津ねぎソーセージ、岩津ねぎラー油があります。もちろん岩津ねぎも売っています。11月下旬から2月頃が岩津ねぎのシーズンです。ちなみに岩津ねぎの歴史は古く、江戸時代に生野銀山で働く人々の冬の栄養源として栽培が始まりました。岩津ねぎは白ねぎと青ねぎの中間に位置し、緑の葉も食べることができます。他の白ねぎにはない香り、やわらかい肉質に豊かな甘みが特徴です。特に雪や霜にあたるほど旨みを増して、鍋物、天ぷら、焼き物にするとトロリとやわらかく、一度食べるとその美味しさに病みつきになるといわれます。どうぞ一度召し上がってください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報
2020年09月10日
2020年09月10日
◆和田山町の人気cafe「Lokahi」の美味しいスイーツをご購入頂ける様になりました。◆
2020年06月22日
2020年06月22日
◆【清水製茶園】から 銘茶「朝来みどり」の 令和2年産新茶が入荷しました。◆
兵庫県朝来市の佐のう高原の標高300~340メートルの冷淡地にある清水製茶園にて育ったお茶。
名茶「朝来みどり」は冷涼な気候と土壌に恵まれ、風味があり、香りもよい。お土産進物に最適です。
2020年06月15日
2020年06月15日
◆優しく、素朴な味が好評!美味しいクッキーの販売を始めます。◆
朝来市内の二つの福祉施設(「第2和生園」と「あさごふれあいの郷かがやき」)の利用者さん達が丁寧に焼いています。
■■ご注文から発送まで1週間程度かかります。ご了承ください。■■
ページのトップへ