あさごもん

あさご市ポータルサイトあさぶら
ゲスト 様
生野ハヤシライス 昭和30年代~旨味~
商品コード: 1033-01

生野ハヤシライス 昭和30年代~旨味~

通常価格(税込): 520
販売価格(税込): 520
ポイント: 5 Pt
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
生野ハヤシライス昭和30年代の味
洋食がまだ珍しかった昭和30年代に兵庫県の生野鉱山職員の社宅で食べられていた家庭の味を再現してレトルトにしたものです。トマトベースでアレンジしています。
内容量:200g

【商品画像】生野ハヤシライス昭和30年代~旨味~レトルト

兵庫県朝来市生野町は但馬地方の入口で、姫路市を基点に瀬戸内海と日本海を結ぶラインの真ん中ぐらいにあります。昭和の高度成長期の頃、生野の町は鉱山で賑わい、全国各地から大勢の人がやってきまし た。昭和30年の町の人口は約1万人。町内の社宅に、鉱山に勤める人や家族が数多く暮らしていました。都会から赴任した鉱山職員の社宅には、モダンな文化が届き、町の人はハイカラな香りを感じていました。ハヤシライスも、そのひとつ。都会育ちの奥さんが作った手づくりの洋食に、町の人は「こんなうまいもんがあるんか」とビックリしたそうです。その社宅のハヤシライスを生野鉱山の味として復活しようと取り組んだのが、生野ハヤシライスです。みんなが頑張っていた昭和の激動のあの頃を思い出す、ほんのりとした懐かしい味。どうぞ、ご賞味ください。

生野ハヤシライス昭和30年代〜旨味〜

生野ハヤシライス昭和30年代〜旨味〜 食べれるお店

朝来市生野町ではたくさんハヤシライスが食べれるお店があります。
この美味しいハヤシライスの味をレトルトに再現したのがこの商品となります。温めるだけで昔懐かしい生野ハヤシライスをいつでも美味しく食べられますのでぜひご賞味ください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新着情報
2021年02月05日
2021年02月05日
◆朝来市産無農薬「きくらげ」を是非ご賞味ください。◆
雲海に包まれる標高370mの大自然の中で、農薬は一切使わず、天然の水を使い、自然に近い状態で栽培しています。
「安心・安全」にこだわり、丹精込めて手作業で育てた肉厚の『雲海きくらげ』を是非ご賞味ください。
2020年09月10日
2020年09月10日
◆和田山町の人気cafe「Lokahi」の美味しいスイーツをご購入頂ける様になりました。◆
2020年06月22日
2020年06月22日
◆【清水製茶園】から 銘茶「朝来みどり」の 令和2年産新茶が入荷しました。◆
兵庫県朝来市の佐のう高原の標高300~340メートルの冷淡地にある清水製茶園にて育ったお茶。
名茶「朝来みどり」は冷涼な気候と土壌に恵まれ、風味があり、香りもよい。お土産進物に最適です。
ページのトップへ