• 学ぶ
  • 生野
  • 観る
  • 遊ぶ

生野書院

生野1200年のロマンを紐解く

播磨風土記では、713年に、応神天皇によって「生野」と名付けられたと伝えられています。そこから、1200年以上もの間、鉱山町として繁栄・発展し、山間の小さな町が、日本の財政を支え、日本の近代化を先導していました。

生野書院には、生野1200年のロマンがつまった資料が数多く展示してありますので、その歴史を紐解いてみてはいかがでしょうか?

基本情報

住所
お問合わせ
料金
営業時間
休み
駐車場
お車でのアクセス
公共機関でのアクセス
関連ページ 関連ページ
施設情報

※本コメント機能は、Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

スポット周辺マップ

マップが表示されます

近隣のスポット