新茶!朝来みどりで簡単クッキング

 

 

こんにちは!ライターのリエです。

さて、前回に引き続き、朝来みどりのレポートです!

おいしく頂いたお茶ですが、急須に残った茶葉…このまま捨てるには惜しい!ということで、後編はこの茶葉を使ってクッキングしたいと思います!

 

あたたかいご飯に、茶葉と塩入れて混ぜて握るだけ〜!

茶葉おにぎりです!

正直、残った茶葉を使っての料理は初めてだったので、ちょっと不安…と思っていたのですが!

菜飯のような見た目と味、でも鼻に抜ける香りがお茶!な一品になりました。さわやかなおにぎりです♪簡単でおいしいのでぜひお試しください!

お茶の葉に含まれる栄養素のほとんどは水に溶けないので、急須に残った茶葉にはたくさんの栄養素が含まれています。検索してみると、ふりかけやお浸しにして食べるレシピもあったので、次回チャレンジしてみたいと思います!

 

急須に残った茶葉ではなく、お茶を入れる前の茶葉を使った一品も作りました。

ちくわの磯部揚げの青のりの代わりに茶葉を入れた「お茶衣の天ぷら」です。

見た目は磯部揚げにそっくり、茶葉を使っているので油っぽさが軽減され、サッパリと感じました。

今回はちくわを使いましたが、白身魚の天ぷらや、かき揚げなど、他の揚げ物にも応用できますよ!

鶏の唐揚げは、お茶に含まれるタンニンがお肉を柔らかくするので、柔らかくさっぱりとした唐揚げになる、らしいです!(まだ作ったことがないから、今度作ってみます〜笑)

 

暑いときにピッタリなさわやかな味。

ホットとはまた違うおいしさです!

 

私の大雑把な作り方です(笑)

①市販のお茶・だしパックに茶葉を大さじ3杯入れます。(だいたい10〜15g)

②水1リットルに上記の茶葉を入れて、冷蔵庫で1〜3時間。

以上!簡単です。

煎茶ならではの涼やかさと、ほんのりとした苦味を感じます。なにより、超お手軽なのがいいですよね!!簡単に冷蔵庫に常備できます(笑)

 

最近は、便利さからペットボトルのお茶を購入することが多くなっていましたが、煎茶が届き、久しぶりに急須で丁寧にお茶をいれていると、忘れていたことを思い出すような幸せな時間だな、と感じました。

たまにはこんな風にゆっくりとお茶を楽しむ時間をとろうと思います。

皆さまも、香りや渋みを楽しみたい時は温かいお茶を、お手軽に爽やかさを楽しみたいときは冷たいお茶を、と気分に合わせてご自宅でお茶楽しんでくださいね!

 

兵庫県朝来市、さのう高原にある標高300~340メートルの冷淡地に広がる清水製茶園。農薬は一切使用しておらず、油かす、魚粉、しょうゆかすなどの有機質を肥料としてふんだんに与えいます。色彩選別機に掛けたお煎茶をおもに販売しており、「うまみ、香り、水色」3拍子揃った、新茶、蔵出し茶、は長期保存できます。

《朝来の特産品通販サイト あさごもん》
【商品名】銘茶「朝来みどり」お茶セットA
【価格】1,500円(税込)

内容量:・煎茶〔120g〕・上煎茶〔100g〕

ひときわ豊かな香り立ちが最大の特徴で、深い味わいとともに通好みのお茶として親しまれています。

※別途送料がかかります。

《あさごもん「銘茶「朝来みどり」お茶セットA」はコチラから》

 

 

投稿者プロフィール

リエ

ライターのリエです。 結婚を機に夫の地元である但馬に来ました。 但馬に暮らしてずいぶん経つのですが、正直朝来市のことは詳しくないので、これからたくさん朝来市のことを知り、体験したことを皆さまにお伝えしていきます。楽しいことが大好き、季節の行事や友達との飲み会、家族で行く旅行など…常に何か楽しいことを計画してワクワク・ニヤニヤしています(笑)。本業はイラストレーターなので文章を書くのは得意ではありませんが、やる気と元気で頑張ります!