イベント詳細

メトミミトヤミ ―小泉セツと八雲の怪談―                (終了しました)

兵庫県立ピッコロ劇団55回公演

「メトミミトヤミ ―小泉セツと八雲の怪談―」

作=角ひろみ(尼崎市出身) 演出=鈴木田竜二

 

1891年(明治24年)、松江。ラフカディオ・ハーンと小泉セツは出会う。その二人もとうにこの世の人ではない。これは、セツとハーンの怪談。現世と来世、光と闇、心酔と幻滅。妻セツの視点から夫ハーンとの日々とその終わり、「怪談(KAWAIDAN)」の誕生等を軸に、異界との交渉を通じて語り、他者との関係性を描きます。二人の間には、今を生きる私たちに気づきを与えてくれるヨキモノが、とても多く存在します。

 

「耳なし芳一」「雪おんな」を収録した「怪談」などで知られる小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)と妻セツのゴーストリー(Ghostly)な世界を描く―

 

(ピッコロ劇団)
兵庫県立ピッコロ劇団では、兵庫県内の中学生を招待し、生の舞台を鑑賞し演劇の面白さを体験していただく「わくわくステージ」を平成22年より実施しています。今回初めての但馬公演にあたり、但馬地域の9中学校が鑑賞します。また今回の但馬公演限定で、一般の方々にもご鑑賞いただけるようになりました。

公演チラシはこちらから

前売料金

 大人1,000円  高校生以下500(全席自由) ※未就学児の方は入場できません

前売券発売日 平成28年5月20日(金) 午前9時~

○チケットは和田山ジュピターホール窓口でのみ発売します。
○お席は「に列」以降となります。詳しくは下段の「ジュピターホール客席図」をご覧ください。
(黄色の部分が一般席となります)
○チケットの予約・取り置きはできません。

 

その他

  1. 未就学児の入場はできません。
  2. 前売発売期間中にチケットが完売した場合、当日券の販売はいたしません。
  3. 本公演を中止する以外は、チケットの払戻・交換はできません。
  4. 中学生の団体と一緒にご覧いただくことになります。
  5. お席は「に列」以降と左バルコニー席および「ち~と列」の一部となります。下段「ジュピターホール客席図」黄色部分が一般席となりますのでご参照ください。なお、ご入場は中学生の団体が入場した後、並び順でのご入場となりますので予めご了承ください。

ジュピターホール客席図

■主催/兵庫県立尼崎青少年創造劇場
■後援/兵庫県教育委員会、朝来市教育委員会、尼崎市教育委員会、島根県教育委員会
松江市、焼津市、小泉八雲記念館(島根県松江市)
■協力/小泉凡(島根県立大学短期大学部教授)、小泉祥子 池田雅之(早稲田大学教授)
(公財)兵庫県勤労福祉協会(ひょうご労働図書館)

イベント情報

開催日 2016.06.17(金)
開催場所
お問合わせ
開演時間

14:00開演(13:30開場)
[上演時間] 約1時間30分 
※終演後、20分程度の舞台解説があります。

※本コメント機能は、Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

イベントスポット周辺マップ

マップが表示されます

関連スポット