イベント詳細

但馬の鉱山群と関連史跡の ユネスコ「世界遺産登録」を目指そう!

ユネスコ「世界遺産登録」に向けた取り組みが始まります。

兵庫県北部では、古くから多くの鉱山が発見され採掘が行われてきました。

江戸時代には幕府領として大いに繁栄したこと で知られています。明治時代には最初の官営鉱山となり、西洋の技術を積極的に導入し日本の近代化を支えてきました。

歴史的に価値のあるこれらの鉱山群(生野・神子畑・明延・中瀬の各鉱山)と関連史跡(馬車道・鉱石の道・神子畑鋳鉄橋・ 飾磨津など)を、後世に守り伝えるとともに地域の活性化に役立てるため、昨年10月31日に「世界遺産を実現する会」を 設立しました。第1弾の集いを生野マインホ-ルで開催し、参加の皆さんへ世界遺産への「夢と意義」を語ります。

プログラム内容

1 「世界遺産を実現する会」の設立趣旨と「夢と意義」 澤木 正幸 代表

2 世界遺産登録への取り組みの課題・方策 清原 幹雄 常任幹事

3 参加の皆様との「夢と意義」への意見交換会 高澤 龍一 副代表

チラシはこちら

イベント情報

開催日時 2024.02.24(土) 14:00〜15:30~
開催場所
お問合わせ
開催日

2024年2月24日(土)

14:00〜15:30

料金

無料

※本コメント機能は、Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

関連スポット