イベント詳細

コワニェ来日 150年記念フォーラム(終了しました)

明治時代初期に生野鉱山の近代化に貢献したフランスのお雇外国人のコワニェが、幕末に薩摩藩の招きで日本に来訪して(慶応3年・1967)から今年が150年にあたる年となります。

 

生野鉱山のほかに明治政府が欧米列強に追いつくため、力を注いだ「横須賀製鉄所(造船所)」・富岡製糸場ではいずれもお雇外国人が活躍しました。

 

明治日本の最先端の技術を取り入れた、この3つの施設の歴史的価値をたどるフォーラムを開催致します。

基調講演

◉「幕末維新期の日本と国際環境」

青山 忠正 氏 (仏教大学歴史学部教授)

 

◉「明治政府お雇い外国人 ジャン=フランソワ・コワニェの生涯と功績」

白井 智子 氏 (姫路日仏協会会長・神戸大学学術研究員)

 

イベント情報

開催日 2017.07.09(日)
開催場所
お問合わせ
時間

13:30〜16:30

関連事業

生野鉱山 近代化産業遺産 特別公開(別リンク)

※本コメント機能は、Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

イベントスポット周辺マップ

マップが表示されます