• 観る
  • 朝来

八代の大ケヤキ

あさごの神木

朝来市八代(やしろ)の「足鹿(あしか)神社」の境内にあるケヤキの巨樹で、国の天然記念物に指定(昭和3年指定)されています。
「八代の大欅(通称)」は、大正12年、東京帝国大学教授の三好学理学博士によって樹齢千数百年と鑑定されました。主幹が台風で折れたため不安定な樹形になっていますが、2000年から国による樹勢回復処置が施されています。
昭和3年に国の天然記念物に指定された頃の樹高は30mで、ケヤキとしては兵庫県で一番の巨樹でした。当時の記録には、「足鹿神社ハ延喜式内ノ古社ニシテ此欅ハ里人大金木(オホカナギ)ト稱シ霊木トシテ人民之ヲ畏敬シ保護シ來レリ」とあり、昔から尊ばれ、大切にされてきた樹だったことがわかります。往事の勢いこそ無くなっていますが、依然として見る者を圧倒する力に満ちています。由緒ある社と共に、幾星霜を経た、不動の風格を感じさる霊木・神木だと言えるでしょう。

基本情報

住所
お問合わせ
お車でのアクセス
公共機関でのアクセス

※本コメント機能は、Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

スポット周辺マップ

マップが表示されます

近隣のスポット

この周辺にはスポットがありません