グルメガイドブック3 『ガトーコバヤシ』

 

 

こんにちは!ライターのリエです。

今回も「あさごグルメブック」を片手に新規開拓!お店を回るのが益々楽しくなってきました(笑)

 

さて今回は、2012年12月に焼き菓子専門店としてオープンした、生野町のGÂTEAUX KOBAYASHI(ガトーコバヤシ)さんに行ってきました。

 

生野駅から徒歩2分の場所ということで、車は生野駅北駐車場に停めました。
(駐車料金は1時間以内無料)
専用駐車場もあるそうですが、初めての方は駅の駐車場が分かりやすいですよ!

 

駅の南側にある踏切を渡った場所にある一軒家で、一部を店舗にされています。
店舗の前にはのぼりや看板が出ているのですぐにわかります!

玄関を開けると、すぐにショーケースがありました!ほっこり感が溢れます(笑)
ショーケースにはおいしそうなスイーツが並んでいて、明るいご主人がにこやかに対応して下さいました。
ご主人とのお話も楽しみの1つかも(笑)

 

迷って選んだテイクアウトはこちら!

固めでしっかりとしたタイプのプリンです。
自家製の生キャラメルを使用したプリンと聞いて、苦め・濃いめの大人の味を想像していましたが、ほんのりキャラメル風味の食べやすい味。
娘2人にも「おいしい♡」と好評でした。

 

シュークリームは、砂糖ではなくハチミツで甘さを出しているそう。まろやかなクリームがシュー生地にぎっしり!
甘すぎずさっぱりとしていて、こんなにクリームたっぷりでも重たくありません♡

 

 

「タルトはお店の定番商品」とお聞きしたので、2種類テイクアウトしました。
ブルーベリータルトは三層になっていて見た目もキレイ、ブルーベリーの酸味でさっぱりとしたタルト。
紅茶によく合います!

 

アップルタルトはクリーム生地にリンゴがごろごろ入っています!
カスタード風味の生地と、甘さ控えめのリンゴがよく合っていてとってもおいしい!何個でも食べれそう♡

ガトーコバヤシさんのスイーツは、どれも優しい甘さのスイーツでした。
素材にもこだわって丁寧に作られているのがわかります。

店頭に並ぶスイーツはその日によって違うそうなので、お目当てのスイーツは事前に予約をしておくのがオススメ!
予算・要望に応じてタルト詰合せや、タルトホールも対応してくださいますよ~。(要予約)

お取り寄せもできますので、ぜひ一度食べてみてください♡

 

次回は和田山町でテイクアウトします。お楽しみに!

 

2012年12月に焼き菓子専門店として創業。
地元観光地をイメージした「史跡生野銀山 カラミ石ケーキ」は2015年の銀の馬車道おやつコンテストで優勝。
タルトに使用している果実ジャムや、ちゃったプリンの生キャラメルなどは自家製品を使用!
一つひとつ丁寧に時間をかけて作り上げたケーキです。

 

住所:〒679-3301生野町口銀谷2000-2
電話:079-679-3752
営業時間:10:00~18:00
休日:不定休
Instagram:gateaux.kobayashi

お店のチラシはこちらから

 

~あさごグルメガイドブックを作成した経緯~

朝来市商工会では「テイクアウト」の紹介など市内飲食店などの支援を行う中で「こんなお店があったんだ!」という声を多数頂きました。このガイドブックを通して、多くのお店を知っていただき「あさごグルメの魅力再発見」とお店の支援に繋がればと本誌を作成しました。
ぜひ、本誌を見ておいしいものを食べて地域全体でコロナを乗り切りましょう!

朝来市商工会

※事前にお店に問い合わせて注文を済ませ、お店でスムーズに受取りされることをオススメします。
※ガイドブックにはテイクアウト対応されていないお店もありますので、ご確認ください。
※ガイドブックは朝来市商工会・掲載店などで無料配布しています。

※尚、2月22日現在、兵庫県においては緊急事態宣言が発令されており、営業時間が掲載情報と異なっている店舗がございますのでご注意ください。

 

【問合せ】
朝来市商工会
電話:079-672-2362
《朝来市商工会ホームページはこちら》

 

投稿者プロフィール

リエ

ライターのリエです。 結婚を機に夫の地元である但馬に来ました。 但馬に暮らしてずいぶん経つのですが、正直朝来市のことは詳しくないので、これからたくさん朝来市のことを知り、体験したことを皆さまにお伝えしていきます。楽しいことが大好き、季節の行事や友達との飲み会、家族で行く旅行など…常に何か楽しいことを計画してワクワク・ニヤニヤしています(笑)。本業はイラストレーターなので文章を書くのは得意ではありませんが、やる気と元気で頑張ります!