• 暮らしスポット
  • 観る
  • 学ぶ
  • 朝来

佐中の千年家(進藤家)

美しい桜の花筏

足利時代に建築された重厚な草葺屋根の古い家で、「佐中の千年家」とも呼ばれています。この進藤邸は明治維新で活躍した原六郎(明治・大正時代の日本財界に君臨した渋沢・安田・大倉・古河等と共に「日本財界5人男」といわれた実業界の大物と呼ばれていました。)の生家であり、最近は桜のカメラスポットして多くの方が訪れます。

千年家の隣にある池では、桜の花が散るころに、花筏(はないかだ)が流れるこのような景色を見ることもできます。

近くにある「長寿の水」。

ミネラルを多く含みとてもおいしい水です。

基本情報

住所
お問合わせ
お車でのアクセス
公共機関でのアクセス

※本コメント機能は、Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

スポット周辺マップ

マップが表示されます

近隣のスポット