• 遊ぶ・体験
  • 観光スポット
  • 暮らしスポット
  • 観る
  • 学ぶ
  • おすすめ
  • 朝来
  • 朝来

神子畑選鉱場跡

東洋一の選鉱場

神子畑鉱山が明治終期に閉山し、大正8年より明延鉱山の鉱石を選鉱する「神子畑選鉱場」に生まれ変わりました。

昭和62年、明延鉱山の閉山とともに操業を停止し、平成16年に老朽化した建物が取り壊され、現在はコンクリートの基礎のみが残っています。

昭和30年ころの夜景

一円電車

昭和20年から昭和60年まで鉱山従業員の通勤電車として、明延~神子畑間を運行していました。乗車料が1円なので、「一円電車」の愛称で親しまれました。

ムーセ旧居(旧神子畑鉱山事務舎)

生野鉱山開発に貢献したフランス人技師・ムーセの元住居。明治20年、神子畑に移築され、事務舎として利用されました。現在は「ムーセハウス写真館」として公開されています。

[開館]10:00~17:00 (定休日 毎週水曜日・12/29~1/3)

朝来市鉱石の道 神子畑交流館 神選

2020年6月29日(月)に神子畑に新たな地域PR発信拠点『朝来市鉱石の道 神子畑交流館 神選(しんせん)』がオープン。
 デザイン性の高いTシャツやクリアファイルなど、お土産も多数そろえています。ぜひご覧ください。

施設内でひときわ目をひく、昭和50年代頃の神子畑選鉱場付近を再現した特大ジオラマ(幅:2m34cm × 奥行き:1m35cm )は圧巻。

また、皇室財産の証である「菊の紋章」が入った神輿も一般公開。

基本情報

住所
お問合わせ
料金
営業時間
休み
駐車場
お車でのアクセス
公共機関でのアクセス
関連ページ 関連ページ
施設情報

※本コメント機能は、Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

スポット周辺マップ

マップが表示されます

近隣のスポット

この周辺にはスポットがありません